防犯カメラや鍵屋は防犯に不可欠|セーフティライフの味方

オペレーター

鍵のメンテナンス

色んな鍵

鍵が回らなくなったりうまく刺さらなくなったりした場合、滑りを良くするために市販の潤滑油を鍵穴に注入することがあると思いますが、これは鍵穴にホコリなどの不純物が付着しさらなる鍵の故障に発展していきます。なぜかというと、鍵の内部は繊細な構造をしているため、潤滑油をさしてホコリがつきやすい状態になってしまうとその繊細な部分にホコリがたまり、汚れがとれなくなってしまうためです。繊細な部分はちょっとした外部の変化にも弱くなるので、鍵穴に合わない潤滑油を挿すと逆効果になってしまいます。もし挿すとしても鍵穴の特性をきちんと調べて潤滑油は購入した方が良いです。鍵を刺しにくい場合は鍵をキレイに掃除をすることで、うまく刺さりやすくなります。
他にも鍵修理が必要になる危険性があるのは、鍵穴に細い棒状の物やガムなどの異物を入れてしまうことです。こういったトラブルは小さい子供がいる家庭には起こりがちなので注意が必要です。
不必要な鍵修理をしないように鍵のメンテナンスを定期的にしておくといいでしょう。たとえば鍵の表面のデコボコには汚れが多く付着することが多いので、歯ブラシなどで落としておきましょう。鍵本体の表面に鉛筆のBや2Bの濃さの芯を塗り、鍵穴に数回刺し、その後黒鉛を布で拭き取り、鍵穴に掃除機をかけ余分な汚れを吸い込みます。さらに揮発性の低い鍵穴専用の潤滑油を鍵穴に挿すことで鍵は長持ちします。これらのことを行っても改善しない場合は鍵修理の業者に依頼をするといいでしょう。鍵修理の価格は出張費なども加算されることもあるので、近所に鍵業者がないか確認してからにしましょう。

Copyright© 2016 防犯カメラや鍵屋は防犯に不可欠|セーフティライフの味方 All Rights Reserved.